どうでもいい自意識

音楽を中心に箇条書きです

有岡大貴を曲で表すとしたら? Choco-language/松任谷由実

なんかJUMP関連の記事が続きますね。。

Hey! Say! JUMPの有岡くんを曲で表してみたら(イメージしたら)いったいどんな曲になるのか...?という企画。
これ、他のメンバーでやるかどうかは分かんないんですけど、(たぶんやんない...かな?)
JUMPの中だと有岡推しなもので...すいません(^_^;)



曲自体も大好きなんでその紹介もかねたいと思います。



その曲とは松任谷由実さん(ユーミン)のChoco-language。
この曲は2004年発売、ユーミンの33枚目のアルバム『Viva! 6x7 ビバ!シックスバイセブン』の中の一曲。

ユーミンのアルバムはほぼ全部聴いていて、(一枚以外...笑)一時期修行のように笑 聴きまくっていたんだけど...このアルバムはこの曲目当てで聴きました。笑

だって、だって、タイトルからしてかわいい曲の予感がすげえするんだもん!
(>_<)

そしてどんぴしゃですごくかわいい曲だった。。。

もちろん大好きで、ずっと自分のフェイバリット。




しかし、不思議なタイトル、そもそもどういう意味?

曲の内容は、

「思いもよらないあなたと恋に落ちていた」

からはじまるミドルチューン。
主人公の女性はわりと大人。
長くたくさんの恋を重ねてきたわけだけど、なぜか今回は今までと違うタイプの男を好きになってしまう主人公。そして1番Bメロ。

「意外と探してたアイドルだったの彼は、なんて」

この”なんて”が重要で、もう大人の女性、恋と言うものに素直になれずに俯瞰になってうそぶいてしまう、そんな気持ちを見事に表している。


そしてChoco-languageとは

「チョコレートよりも甘くて少しほろ苦い」

つまり恋心=チョコレートに例えている。
なぜチョコに例えたのかは苦さもあるから。つまり恋とはきれい事ではなくて、好きになったら紙一重、という事もきっと主人公は分かっている(だから簡単には認めたくない)

そしてそれは

「きっとあなたが私にくれたランゲージ」

あなたと私しか分からない見えないテレパシーのようなもの、って言うと大げさだけど、恋するとなんかあれ?相手の考えてる事が分かる!同じ世界に生きてるんだ、と感じるあの感情(感覚?)に名前を付けてるんだと思う。


そして終わりの所、

「あなたは探してたアイドルだったと気づいたとき」

ここで恥じらいや理由さえ捨てて彼の事が好きだ!とすべてを認める。その切なさと言ったら...!まさに胸キュンポップソング。


 さぁ、これがなんで有岡イメージと言ったら、まさにこの歌の相手の男の子が有岡くんと被るから。(単純!笑笑)

「わたしの理想ことごとくこわすひとなのに」

「うそとうそと云って ちがう恋のうわさ」

「あたらしい発見が記録を塗りかえるの」

理想なんか壊しちゃうのに真っ直ぐで健全に恋してどっか行っちゃいそうで不器用だけど常に前向いて生きてる。











まさに有岡そのもの!笑(異論はみとめる)

そして自分にとっても有岡がまさにそうなんだろうなぁ...と。
アイドルとしてタイプではないのに気づけば引かれて行ってる。
好きなんだろうな、有岡が。



ってここまで書いて来ましたけど自分有岡担ではないですから!www
盛大な矛盾をしてるようですがもう笑ってやってください......笑


曲そのものもすごく好きですからね
ホントにいい曲なんです!

ぜひみなさんも機会があったら聴いてみてください!



それでは
読んでいただきありがとうございました。












☆おまけ☆
自分実は有岡くんと友達になりたいんですよね...って文字にすると超危険な思想ですけどww 違うんですよ笑!

 なんか友達がほしいとか思わない、他人に興味がない自分が、心から同性としてこんな子と友達になりたい!って思うんです。(実際になんとかして友達に!って事ではない(^。^;))



それでひとつこの曲に関した妄想があってぇ...
友達になった有岡くんの誕生日に
メールを送るの。0時に

メールにはこの曲だけ添付してあって...

(・д・)〈 何これ?

〈 いいから 開けてみて

(・д・)〈 これってどゆこと?


ー そして大ちゃんがChoco-languageを耳にする ーー


〈 自分が思う大ちゃんのイメージ曲。
お誕生日おめでとう。

(・д・)〈 へぇ... 俺ってこうゆうイメージなんだ...笑
まぁ何はともあれ うれしい! ありがと♡



......




ってゆうのやりたい!ぐはっ(*´Д`*)



 ...ごめんなさい。妄想炸裂しました。




あぁ この妄想がやりたくてこの記事を書いたのかもしれない!笑

すべての動機は不純!

それでは
また☆