読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもいい自意識

音楽を中心に箇条書きです

Sexy Zoneにカバーしてほしい曲

ジャニーズ 音楽

Sexy Zoneはなぜか大御所の作家が多く関わるアイドルである。松井五郎しかり馬飼野康二しかり船山基紀しかり。まぁ馬飼野さんは置いといても、他のグループよりも関わる頻度は多いように思う。


その中でも一番セクゾンと関わりが深いのが三浦徳子先生。
数としてはそれほど多くないのかもしれないけど明らかにSexy Zoneにとって重要な作家であることは確か。



三浦先生がSexy Zoneにこれまで書いた曲は

Sexy Summerに雪が降る

ぶつかっちゃうよ

Hey you!

などなど名曲(迷曲?)が多いのですが...





三浦徳子(よしこと読みます)は主に80年代に多く活躍された作詞家で、アイドルを中心に歌詞を提供された方。


作風としてはどこまでも健康的で解放感があり、若さのみずみずしさを描くのが特徴的。

代表作は

夏の扉 松田聖子

大きな森の小さなお家 河合奈保子

CAT'S EYE 杏里

嵐の素顔 工藤静香

モニカ 吉川晃司

お嫁サンバ 郷ひろみ

などで、いかにもストレートに愛を伝えます!と言った様な歌詞が特徴的な方です。



しかし三浦先生を作詞に迎えよう、って判断をしたブレーンの方は天才だと思う。笑

アイドルにおいて一人の作家との繋がり、というのは時代によって形は変われどかなり大切だと思うんだけど(工藤静香中島みゆき 華原朋美小室哲哉 Perfume中田ヤスタカなど)
その意味ではセクゾンはジャニーズにしては珍しくそういう関係を三浦先生と持っている気がする。これはきっと、作詞家としてはKinKiにおける松本隆以来ではないかと...


合いすぎる作家でも、これとこれ組み合わせたらおいしいよねって事でもいけないんだろうけど、その間をすり抜けて、よくぞこの組み合わせに辿り着いた。


そしてもう一人三浦徳子との蜜月な繋がりを持ったアイドルがいる。それは松田聖子

聖子さんの作品が女性目線の三浦徳子若者像だとしたら、Sexy Zoneは男性側。だからSexy Zoneは三浦先生の詞を男性側から体現出来る、ようやく出てきたアイドルだとも言える。笑


過去にジュリーや光GENJIの作詞をされていた事もあるようだけどあくまでも一作家としての立ち位置である様に思うし、こんなに体現出来るアイドルはいなかったのでは?と思う。少なくとも長年。


三浦先生も男性アイドルで自分の詞を体現してほしい、との長年の欲(いや、分かんないけど笑)を実現させてくれるアイドルがようやく見つかった!とでも言うようで、まさに孫を掌の上でもてあそぶかの様に笑
キレまくったトンチキソングを提供されてます。


でも、それはなぜなのか...冒頭でも触れた通りSexy Zoneには大御所の作家が多く関わることも含め...


三浦さんに限って言えば、やはり声かな。
そこが聖子さんとの共通点でもあって、きれいに張られた声。そこから響くわかりやすい倍音。また高音部分を歌っていても、実は低音がかなり歌える、つまりちゃんと基本に伴った歌声であり、歌謡曲の王道的な歌い方である、という事。


あとは性の匂いがするとこ...かな 笑。
まぁ名前にも付いてるし笑
でもいやらしい意味とも違って、こう魂とちゃんと繋がってる感じというか...

うまく言えないんだけど、本来そういう事って誰にでもある気持ち。でもいつからかそういうの、なぜか悪いこと、みたいな、絶対悪になってません?(死ぬことと共に。)
でもSexy Zoneはそこにフィルターをかけない。ちゃんと肯定出来るアイドルなんです。

裸になってドル誌でわぁ~って、いつの時代も見かけはするけど90年代以降はそういう“わかりやすさ“が「メイン」ではなかった気がする。


それをSexy Zoneはやりますけど何か?俺らアイドルだし?と、わざと(覚悟とも言う。もしくは天然か笑)わかりやすい事を着こなして見せている気がする。


でもそれは80年代のファンタジーアイドルではない。ましてや90年代の自然体アイドルとも違う。別の角度からファンタジーを健康的に、肉体で体現できるアイドル、それがSexy Zoneなんです。

で、実はなかなかそういうアイドルっていないのかな...と。だから三浦さんの詞の様な、自由ではつらつとしたアイドル像を歌いこなせるアイドルが現れなかったのかな。



さて、ここで三浦さんが作詞をしたセクゾンの曲のフレーズを見てみると


”Summer time 雪がKissした僕の心の
Sexy Sexy Zone


”パクパク サクサク ドキドキ 食べちゃえ!最初のキスだよ!”


”洞窟あたり住んでたら All right×2 男はみんな
狩りに出かける! All right×2 10万年前
コンビニ無いし超不便! 獲物を探すしかない!”


”ミーギ 右 右 ミーギを見て、ついでに僕を見て”


とまぁ、かなりぶっ飛ばしてるんだけど笑



個人的に一番ツボなのが「Hey you!」


”Hey you! どうだっていいじゃん Say so! 何、気にしてんだよ
こんなんじゃkissもできないよ”


”せっかく会えた日は笑ってみせろよ”


と始めは強気なのに、後半に行くに連れて、


”ドレスアップしてくるなんて”
”メールにもなかったから”


”君の付き人みたい”になっちゃったり、


”並んでる店は1時間待ちさ みんなみんな仲良さそうに見える” とか


”君はハンバーガーで” ”僕はスウィーツ”
”ちっちゃな頃から背も負けてる”


とか、だんだん女の子の方が上手だったと分かってゆく。



すごいのは王道の三浦徳子の歌詞世界であるにも関わらず、Sexy Zoneの現代の若者(いわゆるゆとり、笑ですね)っぽくなくてちゃんとしっかり男の子を演じようとしてる、
けどやっぱりその世代は通っていて、ちょっと打たれ弱かったり、女の子っぽいとこが出てしまったりして失敗しちゃう感じ...ここまでちゃんと時代に合わせて描ききっている。


そして


”徹底的 口では テッテイテキ 負けるよ”


とかわいい、なおかつ普遍的なラストを迎える。しかも始めの女の子へのテッテイテキと、同じ言葉を使っているのにまったく違う意味で。まるでオセロの白と黒を入れ替えた様に。




三浦徳子よ......







天才です!!!




王道なのに時代にもSexy Zoneにも合わせ、なおかつ少し尖った部分も入れる、という離れわざのような歌詞。



しかもだってさぁ、こんなベテランになって


”キミキミキミダーケ”


とか


”僕の心のSexy Sexy Zone


とか書く?



当たり前かもしれないけど、もう明らかに自分のためには書いていない。Sexy Zoneのため、いや、彼らのファンのために書いている。しかも遊びながら。

ピカソの絵が誰でも書けそうなすごい位置まで行っちゃって...ていうのと似ている(気がするw)





というわけで前置きが長くなりましたが、


話しの流れからも分かる通り、
自分がカバーしてほしい曲は松田聖子
曲は「夏の扉」です。

 

......いや、わざわざ三浦徳子女性像の代表作と男子代表を入れ替えなくても...と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そこはAKB戦法と言うか、ジャニ的に言うとKinKi Kids戦法と言うか笑


Sexy Zoneって物語を読むタイプではないんですよね。もちろん物語を読まない(読めない)歌手なんかいないと思うんだけど、その上で。それがどういうことかと言うと...。



例えば、同じく大御所作家からの提供が多いKinKi Kidsと比べるとKinKi Kidsはまず物語があって、KinKiのふたりじゃない主人公の男(もしくは女)とその恋人が見える。その男女比は同じくらいであり、それを外から読んでいる。という印象があるのだけど、Sexy Zoneは中に入ってそれを体現してる。つまり主人公になって歌っている。だから結構声も張り上げて歌うし。(もちろん”冷静”に)そしてあまり特定の女性の影を感じない。これは正しくアイドル的というか、聞いてる人がその女性になる事ができるのだと思う。


まぁKinKiのふたりも若い頃は体現するような歌い方で、それから物語を読む方向に(特に剛さんが)行ったような気もするし、もしかしたら“若さ“と言う部分、というかそれが直接透けて見えるタイプか否か、と言うことなのかもしれない。


そう、だから大御所の方の作品が多いのかもしれませんね。現在を肯定出来るから、圧倒的な普遍性を持つことが出来るのでしょう。



で、だからこそ、Sexy Zoneに女性目線の歌詞を歌ってほしい。Sexy Zoneのテーマは言わずもがな“セクシー“で、それは魂の部分で繋がっていて、ちゃんと越えるということ。それを見せてほしい。


実はさっきの話しとはすごく矛盾するんだけど笑

Sexy Zoneなら女性が主人公の歌でも絶対に女々しくなる事がないと思うから。



さっきAKB、KinKi戦法と書いたけど、やはり女性、男性はここ数年で入れ替わった。時代を映すアイドルならなおさらその影響は出る。
でも、実際には女性アイドルは女性アイドル、男性アイドルは男性アイドルとして成立しなければいけない訳で。だから嫉妬を受けないやり方が必要で、その一つのやり方が「女性アイドルが男性の想いを歌う。」なのだと思う。

そしてKinKi Kidsは物語を歌う、そして歌謡曲を歌うので例外的としても、ジャニーズに関しては蚊帳の外だった。時代の影響を受けるにしてもそもそも独占的だし、変わらないし、おじいちゃんが作ってるし......笑

ただSexy Zoneはそこから少し飛び出してる。うまく言えないんだけど、肉体と言う武器があって、王道の(レトロな)アイドルをやっているから。

謡曲やベタなものが「古い」とされてから何十年後、Sexy Zoneはちょうどそれが帰った一種の到達点に立っている。


それが三浦徳子つながりで松田聖子を選んだ以外の理由でもある。ベタなものを一周したベタなものがカバーしたらどうなるのか。きっと何かが交わる破壊力がある。それを見てみたいから。




カバーするとしたらもう基本的にはそのまんまでいい、と思ってるんだけど、(ジャニーズはレトロだろうが何だろうが時を超えるので)


唯一違うとしたらBPM

昔のアイドルソングと今のアイドルソングで一番違うのがBPM、つまり曲の速さ。もちろん夏の扉も当時にしてはかなり速い方なんだけど、やはりぶつかっちゃうよなんかと比べると歯がゆさを感じるのも事実で。


だから最近のアイドルっぽくBPMを早くすれば、
ほらもうセクゾン版の夏の扉が出来上がり。


あのふまけんの抜けのいい声で
「フレッシュ フレッシュ フレッシュ~!!」って叫んでほしい笑




Sexy Zoneは”越える”アイドルですよね。アイドルはやっぱり越えないと。




これが自分の妄想でした。まぁただの妄想ですからね...!
と言いつつ実は少クラあたりで実現しないかな、とか密かに思っている笑(アイドル名曲メドレーとか言ってw)





それでは読んでいただきありがとうございました。